浮気されたあなたへ。経験者が語る!浮気被害者のためのお役立ち情報!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

浮気されて辛い。。。日記をつけると精神的に楽になる!

 

これは実際に私が妻に浮気されているときに日記をつけていたノート。使い込んだのでボロボロです。この1冊に当時の「妻の行動」「私の家事育児の記録」などが詰まっています。

 

 

 

今回は、妻(夫)に浮気されている辛い状況の中、「日記をつける」という行為が精神的にどのような影響を与えるか

というお話です。



辛い時こそ日記をつけよう

 

↑↑の記事ではでは冷静になるために誰かに相談するということを書きましたが、「浮気されて辛い」「これからどうしたらよいのか」「妻(夫)にこんなこと言われた」「今日も妻(夫)の帰りが遅い」・・・などなど

 

 

あなたの感情や毎日の事実を、日々日記に書き綴っていくことであなたの頭はどんどん冷静になっていきます。こころも少しずつですが楽になると思います。

 

 

それは、日記をつけることで

 

あなたの今の状況を客観視してとらえることができるようになる

 

あなたの気持ちを日記に吐き出すことで心が落ちつ

 

このような効果があるからです。

 

 

私は、妻に不倫されている期間、この日記が精神的な支えでした。

 

妻がいかに家庭を顧みていないか

 

自分がどれだけ家事育児をこなしているか

 

日記に気持ちをぶつけ書き綴ることで自分を保っていました。

 

妻は浮気発覚後も堂々と関係を継続し、私は2か月間、その状況に耐えてきました。この日記をつけていなかったら、多分気が狂っていたと思います(笑)

 

大げさではなく、こころのモヤモヤをずっと抱えておくのは頭にもこころにも悪影響です。

モヤモヤどころではないでしょう。あなたの胸の内のドロドロを

日記に書きなぐって自分を楽にしてあげましょう。

今の私は日記のおかげ

精神的につらい時。毎日毎日泣く気力もない時。何か継続するものがあると少しは気が紛れます

 

私がいま、こうやって当時のことを書くことができるのも、詳細に書き綴ってきた日記のおかげです。

 

あなたも是非書いてみてください。心が軽くなりますよ。

日記をつけるもう1つの理由

私が日記を書き続けたのは、自分のこころのためだけではなく、もう1つ理由があります。

 

それ(日記)自体が離婚や調停・裁判で役立つからです。

 

このお話はこちらでまとめてます↓↓