浮気されたあなたへ。経験者が語る!浮気被害者のためのお役立ち情報!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

浮気が分かっても証拠が揃うまでは泳がせよう

愛する妻(夫)の浮気が発覚。今すぐにでも問い詰めて、責めたてたいですよね。しかし、その場で感情的になって相手のことを責めてもうまくいくことはほとんどありません。

 

妻(夫)に言い訳されたり勘違いだとはぐらかされたり、「決定的な浮気の証拠」がない状態で浮気を追及してもろくな結果になりません。

 

 

そこで今回は
浮気が発覚しても証拠が揃うまでは妻(夫)を敢えて泳がせたほうが
メリットがあるよ!というお話です。


まずはじっくり考える

浮気が分かったのに感情的になるな、というのは無理な話です。感情的になるのは仕方ないのですが、相手に浮気を問い詰めるのは少し待ちましょう。

 

まずは浮気されて、今後あなたがどうしたいか?といことを決めることが大切です。

そして、離婚を目指すにしろ、やり直すにしろ、話し合いや裁判、慰謝料請求を考えると「確実な浮気の証拠」は絶対必要です。

 

浮気の証拠があれば話し合いもあなたの有利に進められるし、あなたが目指す結果に向けた協力な武器になります。

 

浮気している妻(夫)を泳がせるメリット

それでは、浮気している妻(夫)をしばらく泳がせるメリットを見ていきましょう。

 

浮気の証拠をあぶりだす

妻(夫)を泳がせる1番の目的は浮気の証拠を掴むことです。

浮気が分かったあとも敢えて浮気を繰り返させることは精神的に非常に辛いですが、ここはこらえて、怒りや悲しみをなんとしても証拠をとってやる!という意気込みに変換しましょう。

 

浮気相手の情報をゲットする

浮気相手に慰謝料請求するには、浮気相手の個人情報が必要です。

名前

住所

勤め先

所帯持ちかどうか

妻(夫)を泳がせている間に浮気相手の情報を集めましょう。

 

浮気相手の情報を得るには妻(夫)の携帯電話を覗くのが1番です↓↓

 

妻(夫)の心情をさぐる

証拠をとるために泳がせている間に、浮気している妻(夫)の心情を探りましょう。浮気に対してどう思っているのか、今後あなたとどうしたいと思っているのかなどです。

 

携帯チェックで証拠を探しながら、妻(夫)の気持ちについての情報も探しておきましょう。妻(夫)の心情や考えを知っておくことで作戦を立てやすくなります。

 

じっくり作戦を練れる

離婚をするならより慰謝料を多くとり、親権や財産をあなたに有利になるような作戦を。
妻(夫)とやり直すなら2度とこんなことが起きないように徹底的に反省させるための作戦を。

 

泳がせて浮気の証拠を集めながらじっくりと今後の作戦を練りましょう。

 

 

 

探偵に浮気調査を依頼する場合、あなた自身でどれだけ浮気の情報や証拠を集められるかで探偵費用に大きく差が出ます。ある程度泳がせて情報をあつめたら、探偵にお願いして決定的な浮気の証拠をゲットしましょう。

そうは言っても精神的にきつい・・・

浮気している妻(夫)を泳がせてそのまま浮気させる。頭ではわかっていてもこころはついていけません。とても辛いです。

 

そんな時に感情をぶつけられ、なおかつ今後の裁判や話し合いで役に立つのが日記です。

 

 

ここにお前の悪事は全部書いてあるんだ。誰に見せてもお前が悪いと分かるんだ。証拠がそろったらすべてぶちまけてやる!
日記に書き綴って気持ちを楽にしましょう。

 

 

私も日記をつけることで何とかこころを保てました。
日記に感情をぶつけることでなんとか浮気される
日々に耐えてこれたのです。日記はすごいですよ!


泳がせて証拠を集めたら探偵へ!

浮気しているのに妻(夫)をそのまま泳がせるのはとても辛くて苦しいと思います。

私もしんどかったです。
浮気の証拠が揃うまではなんとか我慢して耐えましょう。

 

確実な浮気の証拠を見せつけて、妻(夫)の逃げ場をなくした状態で話し合いに持ち込み、今まで我慢してきたうっぷんをすべて浮気野郎にぶつけましょう!!

 

 

探偵に浮気調査を依頼する場合、あなた自身でどれだけ浮気の情報や証拠を集められるかで探偵費用に大きく差が出ます。ある程度泳がせて情報をあつめたら、探偵にお願いして決定的な浮気の証拠をゲットしましょう。

 

探偵を使った浮気調査をお考えならこちらの記事も参考にどうぞ↓↓

 

 

それでは、あなたの浮気調査がうまくいくことを願っています。