浮気されたあなたへ。経験者が語る!浮気被害者のためのお役立ち情報!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

浮気の話し合いは絶対に録音に残しておこう

こんにちは('ω')ノ
妻や浮気相手と何度も修羅場ってきたパグちんです。

 

浮気の話しあいってすごーく疲れます。精神をすり減らせ、寿命を削られてるようにも感じました(笑)

 

そんな思いまでした話し合いの内容を、あとから「そんなこと言ってませんけど〜??」なんて言われたら腹立つどころじゃありません。

 

しかし、「言った」「言わない」なんてものは、しっかりと証明するものがないと結論なんて出ません。相手はいくらでも逃げられます。

 

 

そこで今回は

浮気の話意を妻(夫)や浮気相手とするときは、必ず録音しよう!
というお話です。

 

録音の重要性や録音するときのポイントを説明していきます♪


録音しないとこんなことに・・・

浮気の証拠がたくさんそろっていたり、探偵に浮気調査を依頼して報告書をもらっている場合などは「妻(夫)が浮気相手と浮気した」ということを証明できます。

 

仮に、ろくに証拠がない状態で話し合いになってしまった時、その最中に妻や浮気相手が浮気を認めて謝罪したとしましょう。

 

しかし、後から再度、離婚や慰謝料について話し合おうとしたときに、「そんなことは言っていない」「あなたが怒っていて怖かったからああ言うしかなかった」「そもそも浮気なんてしてない!」
こんなこと言われる可能性があります。

 

 

浮気の証拠が他にない場合、妻や浮気相手に否定されると「話し合いで浮気を認めた」というこうとを証明する方法はありません。

 

こういった事態を防ぐために「録音」が重要になってきます。

 

録音データは、その中でしっかりと浮気を認めている場合は裁判でも証拠として扱われます。

 

妻(夫)や浮気相手に慰謝料請求する場合や、離婚するときに離婚事由があなたではなく妻(夫)にあると証明するためにも有効な証拠です。

 

 

これから妻の浮気相手と話してきます・・・


 

 

 

 

ちょっと待って!!
録音の準備はできていますか??必ず一部始終を録音しましょう!


話し合いを録音する時のポイント

それでは実際に話し合いを録音するときに気を付けるポイントを見ていきましょう。

 

録音はばれないように

わざわざ「この話し合いは録音します」なんて宣言する必要はありません。
録音されていると分かると相手は警戒してしまい、その場では絶対に浮気を認めないでしょう。ばれないように録音し、相手の言葉を引き出しましょう。

 

 

 

私は胸ポケットにスマホを入れて録音していました。
他にもテーブルの上に自然においておいたりもしました。ICレコーダーよりはスマホで録音したほうがバレにくいです。


 

ちなみに相手に無断で録音することは違法ではありません。無断で録音したデータだから証拠として扱われないなんてこともありません。
安心して録音してください。

 

静かな場所で話し合いしよう

せっかく録音したのにまわりの雑音がうるさくて聞き取れなかったら意味がありません。話し合いにはできるだけ静かな場所を選びましょう。

 

 

 

また、事前にテスト録音をして、どれだけ周囲の雑音が入るのか、どれぐらいの声量ならうまく録音できるのか確認しておきましょう。


 

相手も録音しているかもしれない

妻(夫)や浮気相手に事前知識がある場合、話し合いの相手も録音しているかもしれません。脅したり脅迫めいた過激な発言(○ろしてやる!浮気相手の家に行ってぶん殴ってやる!など)はしないように気をつけましょう。

 

録音データは厳重に保管

話し合いを録音したデータは携帯だけに入れっぱなしにするのではなく、パソコンやUSB、クラウドなど複数の保存場所に保管し、データが消えた時にも対処できるようにしましょう。

 

 

 

これは録音データに限った話ではありません。、浮気の証拠写真などは複数の保管先へ厳重に保存しておきましょう!


私が使った録音アプリ

実際に私が数々の浮気の話し合いて使ってきた録音アプリを紹介します。
浮気の話し合いは必ず録音!「言ってない」なんて言わせない

 

ディクタフォン音声レコーダーという無料の録音アプリです。

 

 

画面がシンプルで感覚的に操作が分かるのでとても使い勝手が良かったです。

 

 

 

転送するのも簡単なので保存先を増やすのにも便利でした。

 

 

 

GPSや探偵費用でお金を使うので私は録音にまでお金をかけたくないと思いICレコーダーではなくスマホのアプリで録音しました。
私が使った感想としては、このアプリで満足に録音できました。


 

また、ICレコーダーよりもスマホの方が胸ポケットに入れたりテーブルに置いておいても自然です。

 

スマホアプリで録音する場合は入念にテスト録音して性能を確かめておきましょう。

録音データは必ず役に立つ

慰謝料の話しあい、離婚・親権の話しあい、録音する場面はたくさんありました。
浮気の話し合いを録音しておくと、いつか必ず役に立つ時が来ます。私も弁護士に依頼するときや離婚後に妻と話した時に録音データに助けられました。

 

今でも念のため録音データは残してあります。

 

しっかりと妻(夫)や浮気相手の発言を録音して「そんなこと言ってない」なんて言わせないようにしましょう!

 

 

浮気の話し合いはとても疲れますが、正念場です。頑張ってください!
それでは、話し合いが良い方向に進むことを願っています。


 

 

探偵をお考えならこちらの記事も参考にどうぞ↓↓